倉庫管理システムソフトウェアのメリットトップ10

不十分な倉庫管理の最も危険な結果の1つは、職場での怪我です。米国労働省によると、2017年には正社員100人ごとに5人以上の労働災害が発生しました。倉庫管理者は、労働力の安全に加えて、在庫、出荷、返品を取り巻く日常のプロセスにも注意を払う必要があります。 、需要とセキュリティ。安全性、効率性、収益性のバランスをとるために、多くの企業がWMSソフトウェアに目を向けています。倉庫管理システムのメリットは、さまざまなプロセスを自動化することで、危険を引き起こす可能性のある人的エラーを減らし、効率と生産性を最大化し、ビジネス全体にプラスの影響を与えるのに役立ちます。
トップ10のメリット
WMSのメリットは、個々の要件、業界、規模に応じて、企業間でわずかに異なる場合があります。それにもかかわらず、これらは倉庫管理システムのトップ10の利点です。

 

 

1.営業費用の削減

適切に設計されたWMSは、さまざまな方法で運用コストを削減します。このタイプのシステムは、労働力とスペースの両方の最も効果的な使用を決定し、無駄を減らします。WMSソフトウェアは、倉庫の流れを最適化するために、特定の材料、製品、および機器をどこに保管するかを決定するのに役立ちます。一部の高度なシステムには倉庫フロアシミュレータがあり、ユーザーはシステム内で潜在的なフロアプランを作成できます。これらのシミュレーターを使用すると、倉庫に収容する必要のあるパレット、棚、その他の機器を配置できます。

 

倉庫管理システムの使用法の一部は、FIFOとLIFOの両方の原則に対する共通のサポートであり、倉庫管理者が倉庫をどのように運営したいかに関して柔軟性を提供します。FIFOは、期限切れで傷みやすいアイテムが最初に選択されることを保証します。ただし、LIFOを使用すると、棚を壁に配置してスペースを増やすことができます。この汎用性により、ユーザーは倉庫を最高の効率で稼働するように構成でき、可能な限りコストと時間を節約できます。

 

2.強化された在庫の可視性

在庫の可視性は、倉庫管理システムの最も重要なコンポーネントの1つです。WMSソフトウェアは、バーコード、シリアル番号、RFIDタグ付けを通じて、在庫に関するリアルタイムデータを提供します。これらの方法はすべて、ユーザーが倉庫に入るときの各アイテム、倉庫フロアでのすべての動き、およびある場所から次の場所への輸送中の動きを文書化することを可能にします。

 

このタイプの可視性は、1年の特定の時期にどの製品が顧客に最も人気があるかについての洞察を提供する需要予測を作成するために必要です。これらの予測は、どの製品に投資し、どの製品が市場での地位を失う可能性があるかを決定する上でリーダーシップを支援します。関連する多くのWMSの利点の1つとして、在庫のトレーサビリティが向上することも、リコールの際に非常に役立ちます。最終製品に付けられたシリアル番号により、ユーザーはアイテムを元のロットIDまで追跡し、製品が障害のあるバッチの一部であるかどうかを判断できます。トレーサビリティにより、汚染されていると思われるすべての商品ではなく、破損した商品をリコールするだけで済みます。

 

3.ジャストインタイムインベントリ

倉庫管理システムのもう1つの利点は、ジャストインタイム(JIT)です。これは、在庫レベルを低く抑え、製品が倉庫内をすばやく移動する在庫管理手法を指します。倉庫は、在庫を長期間保持するのではなく、注文を処理するために「ジャストインタイム」で在庫を受け取ります。このプロセスは非常に複雑になる可能性がありますが、適切な倉庫管理プログラムを使用すれば、バランスの取れたジャストインタイムの在庫を簡単に実現できます。

ジャストインタイムシステムを維持するために必要な最初のツールは、正確な需要予測です。WMSは、需要を過小評価または超過することなく需要を満たすための最適な在庫レベルを生成するために使用される予測を提供します。これにより、安全在庫と関連する運送費が大幅に削減されます。材料を製造に使用する場合、ジャストインタイムの倉庫保管により、生鮮食品に関連する廃棄物やスクラップを減らすこともできます。

 

4.継続的改善

倉庫管理システムの最も重要な利点の1つは、一貫した更新です。倉庫管理ソフトウェアベンダーは通常、現在の業界のベストプラクティスを反映するために、定期的に新機能を導入しています。これにより、組織は最新の開発状況を把握しやすくなり、これらのイノベーションに基づいてプロセスを継続的に改善できます。

クラウドWMSを使用すると、継続的な改善がさらに容易になります。更新や新機能をシステムに自動的に追加できるため、社内のITスタッフの必要性が少なくなります。ただし、オンプレミスシステムを使用している企業は、契約条件に応じて、ベンダーから定期的な更新を受け取る場合と受け取らない場合があります。これは、多くの購入者がクラウドに移行している理由のさらに別の例です。

 

5.強化されたセキュリティ

ほとんどの倉庫管理プログラムでは、従業員がトランザクションを入力するときに個々のユーザーアカウントを使用する必要があります。これにより、特定の従業員を特定のトランザクションに接続する監査証跡が作成され、説明責任が向上し、盗難やその他の問題のリスクが軽減されます。また、雇用主は、従業員の慣行を改善するための新しいトレーニングの機会やその他の方法を特定することができます。

さらに、ユーザーベースのアクセスレベルにより、特定のレポートや分析への不正アクセスが防止されます。これにより、各ユーザーは自分の作業に必要なだけの情報を見ることができます。このように、会社の秘密や競争上の優位性を失うことについてそれほど心配する必要はありません。

 

6.インバウンドおよびアウトバウンドの最適化

ユーザーが在庫や機器の場所を最適化できるのと同様に、倉庫内を移動する方法も最適化できます。在庫の受け取りを計画するとすぐに、倉庫管理システムの利点により、スケジューリングや在庫受入管理などのインバウンド計画ツールが提供されます。これらのツールを使用すると、あなたとあなたのサプライヤーは、利用可能な労働力と設備に基づいて、貨物を受け取るのに最適な日時を決定できます。

 

WMSは、アウトバウンドオペレーションのピッキングと梱包に関して、ユーザーがルートを計画するのにも役立ちます。WMSソフトウェアは、材料をピッキングするための最適なルートを決定するためのさまざまなアルゴリズムを提供します。製品のサイズと性質に応じて、ユーザーはゾーン、バッチ、またはウェーブピッキングを選択して、倉庫のトラフィックやその他の停滞を減らすことができます。これらのアルゴリズムでは、従業員の場所も考慮されるため、スタッフは最初に最も近いタスクに集中できます。これにより、スタッフは生産性を向上させながら時間とエネルギーを節約できます。

 

7.より効率的な労務管理

すでにお読みになったように、WMSを使用すると、どのピッキング、梱包、および保管方法がビジネスに最も効果的に機能するかを自由に判断できます。WMSソリューションは、在庫の配置とルートの作成を最適化するのに役立つだけでなく、その仕事に最適な従業員を決定することもできます。WMSは、スキルレベル、近接性、その他のタスクなどの要素を考慮して、ユーザーが各チームメンバーにジョブを割り当てるのに役立ちます。

スケジュールの作成と毎日のタスクの割り当てに加えて、WMSソフトウェアを使用して、従業員をより広く理解することができます。倉庫管理者は、労働予測とKPIを使用して、必要なスタッフの数を増やしたり減らしたりする時期を確認し、トップパフォーマーを特定して改善領域を探すことができます。人件費は平均的な倉庫予算の65%を占めているため、これらのリソースがどのように使用されているかを完全に理解することは非常に重要です。

 

8.従業員の士気の向上

業務がシームレスに流れるようになると、従業員は自分の職場環境についてより良く感じるようになります。これは、時間を最適化するために特別な努力が払われている場合に特に当てはまり、常に賢明に使用されていると感じます。ストレスが少なくなり、生産性と収益性の向上により、特にホリデーボーナスを提供する倉庫の労働者の気分が高まります。

WMSソリューションは、従業員内のすべての問題を解決するものではありませんが、管理職と肉体労働者の両方のフラストレーションを和らげるのに大いに役立ちます。よりリラックスして組織化された作業環境では、不適切なリフトを試みたり、疑わしい機器を使用したりする前に、従業員が2度考え直す余地が生じる可能性があります。これはすべて、より安全で、より熱心で、満足している労働力になり、ビジネスの全体的な成功をさらに高めます。

 

9.強化された請求管理

ほとんどのトップWMSソリューションには、システムに課金管理ツールが組み込まれているか、サードパーティのアプリと緊密に統合してこの機能を提供します。この機能を使用すると、特定のサプライヤに関連する倉庫内のすべてのアクティビティを追跡し、適切な料金を生成するアクティビティベースの請求を使用できます。WMSソフトウェアは、クレジットカードによる支払いを処理し、主要なeコマースプラットフォームに接続する場合もあります。

10.顧客およびサプライヤーとの関係の改善

倉庫管理システムの利点は、組織自体にとどまりません。在庫のこのような高い可視性と出荷の受領をスケジュールする機能により、WMSを使用して需要と供給の両方のチェーンが最適化されます。サプライヤーにとって最も明白な利点の1つは、ドックと積み込みベイでの待ち時間が短縮されることです。顧客は、全体的な注文処理の改善、納期の短縮、注文の不正確さの減少を享受できます。このようなシステムの下で、顧客やサプライヤーの間でのあなたのビジネスの評判は向上します。

 

まとめ

在庫管理において、考えることはとても多岐に渡りさらに、それぞれの項目には深い項目が多数存在するということでした。
あmた、こういった考えかたなどを、導入したクラウド型の在庫管理システムというものも余談ではありますが、存在します。

在庫管理システム 低価格で利用する事ができ、かつ、一定期間無料でトライアルとして試すこともできますのでおすすめです。